Recruit 採用情報

好奇心の種を育てる

私たちは、業界としては後発ですが、上場会社グループの一員として、創業以来急成長を続け、現在もとどまる所を知りません。
そんな環境だからこそ、会社と共に、自分が成長していく姿を実感することができます。
また会社が成長しているからこそ、社内では年齢や役職問わず、自分がやりたいことにチャレンジできる風土があります。
「まだ若いから」「もうこんな歳だから」ということはありません。
「この会社でこんなことをやってみたい」「自分の力を試してみたい」そんな気持ちさえあれば、私たちは、それができる環境を提供します。
「好奇心の種を育てる」それが私達の使命だと思っています。

環境

壁のない環境づくり

トップダウンで仕事をするだけでなく、ボトムアップで意見や要求を吸い上げるような組織づくりが形成されています。
従業員一人一人の声を大切にする環境にあり、気軽に相談や意見が言える上司が多い環境にあります。
風通しが良く、わからないことがあれば上司が自らサポートしてくれることも。研修などを通して、様々な拠点の方とのつながりを持ち、情報や課題共有することができるのも当事業部の魅力の一つです。
未経験の業務でも手に職をつけることができ、個々による業務改善が日々行われています。

幅広いキャリアアップ

プロダクトソリューション部では決められたキャリアアップだけでなく、実力とやる気さえあれば入社歴に関わらず、大きな仕事をお任せします。個々の能力を最大限に引き出すための研修制度が充実しており、将来の幹部候補となるためのスキルアップを図ることも可能です。能力次第でセンター長や部長、役員になることも夢ではありません。

メンタルヘルスケア

社員の心の健康は、社員とその家族の幸福な生活、活気のある職場のために重要な課題であることを認識し、精神疾患のみでなく広く職場のコミュニケーションの活性化など心の健康づくりに取り組んでいます。
メンタルヘルス対策としては、社内のメンタルヘルス細則に則り対応し、休職中の社員をサポートする職場復帰支援プログラムの制度も設けています。また、従業員がセルフチェックできるよう社内のポータルサイトでもページを作成しており、管理職のメンタルヘルスマネジメント検定の受講や研修の実施なども促進しています。

ワークライフバランス

産前産後休暇、介護休暇、育児休暇、育児・介護短時間勤務など、妊娠・出産・育児・介護を通して社員が働きやすい環境を整えるためにさまざまな取り組みを行っています。
また、住宅補助や、独身寮の完備など、社員の生活サポートも充実しています。
休暇制度に関しては、社員有給取得率80%以上の実績があり、休みが取りやすい環境と、各種休暇制度が整っています。
従業員のオンとオフを明確化し、メリハリをもって業務に取り組めることを目的としています。

広い視野で経験できる環境

プロダクトソリューション部では、社内にいながらグループ内外の会社と一緒に働く機会が多くあります。
グループ会社のみならず自社内でもロボットやAI、スマートファクトリーなどの事業があるため、入社してから自分の方向性を選択して働くことが可能です。
他社との共同プロジェクト立ち上げや、海外の協力会社で学ぶなど、自分次第で会社の枠を飛び出した幅広い活躍をすることができます。
社内と社外の両方の視点から自分のキャリアを確認できる環境といえます。

制度

資格取得支援制度

社員一人ひとりの専門的能力の向上と自己啓発意欲の高揚を図ることを目的として、会社が認定した資格の取得に係る費用の一部を会社が負担します。

認定資格の一例

  • ITストラテジスト
  • 技術士
  • システム監査技術者
  • 電機主任技術者
  • システムアーキテクト
  • 電機通信主任技術者
  • 機械設計技術者
  • TOEIC
  • 機械プラント製図

※現在は100種ほどの認定資格があります。

研修

ビジネスマナー研修

新入社員はまず、社会人として大切なビジネスマナーや情報セキュリティ、社会人としての基礎的知識を身に付けます。
チームビルディング、プレゼンテーション等も行います。

技術基礎研修

実際に現場の社員による講義を行います。
技術職であれば、専門分野における基礎技術習得を目的とした研修を行います。
営業職においても、技術知識習得に加え、営業スキルの習得を目標とした研修を実施します。

実地研修

実地でのOJT型式で行います。
先輩社員に同行し指導を受け、知識を習得していきます。

マネジメント研修

プロジェクトリーダーを対象としたマネジメント能力、問題解決能力、リーダーシップ理論など管理職として必要なスキル習得を目的とした研修を行います。

教育

フォローアップ面談

上司や先輩による面談を行います。
仕事内容の確認や、日々のふりかえりをし、職場での不安を解消すると共に仕事への前向きな姿勢を引き出します。
上司や先輩社員とのコミュニケーションを深め、動機づけのきっかけづくりになることも目的にしています。

メーカー認定技術士講習

OEM対応ができるよう、メーカー社員が講師となり、必要な知識とスキルを身に付けます。
卓上講習だけでなく、実地研修もおこうので、さまざまな技術を習得することができます。
メーカー認定技術士となれば、業務の幅が広がり更なる自己啓発につながります。

KENスクール

Web/DTP、Program、組込みProgram、Network、Officeの各コースにおいて、当社は、PCスクールのKENスクールと業務提携しており、基礎から高度なIT技術を学ぶことができます。

技術導入研修

エンジニアリングサービス事業の現場では、ハードウエアの高度な技術・技能力を持った人材が求められます。
当事業部では、現場の即戦力としてのスキルを磨くため、入社時に、機械・電気・PLC講座および実技研修を行っています。工具の使い方などの基礎的なところから、機械図面/電気回路作成、プログラミングなどのやや難易度の高いところまで段階的に知識や技術を習得することができます。また、ある程度習得した社員には中級コースを設けていたり、専門的なロボット研修、安全講習など段階的に知識や技術を習得することができます。

私たちは全ての社員が希望に沿った働き方の選択が出来、
仕事と家庭の両立を実現できる雇用環境を整備することにより、
全ての社員がその能力を最大限に発揮できるよう次の様な行動計画を策定します。

目標1

育児休業期間中の社員の職業能力の開発・向上など、育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境

対策

2016年11月~

  • 職業能力の開発・向上プログラムを構築し実施
  • 継続的な運用を可能とするシステムとする

目標2

フレックスタイム制の対象を全社に拡大し、フレックスタイム制の主旨にそった運用が出来るようにする

対策

2017年1月~

  • 制度の主旨を職場に徹底し、フレックスタイム制を利用しやすくする
  • 一部の適用範囲を全社に拡大

目標3

子育てサービス費用の助成、貸付の制度

対策

2017年3月~

  • 子育てサービス費用の助成
  • 子育て費用の貸付制度の貸付

目標4

出産や子育てによる退職者についての再雇用制度を実施する

対策

2016年10月~

  • 再雇用制度の要件を整備し、制度を実施

ページの先頭へ